?"> 車の買取りの動静

中古車市場でもエコカーへの移り変わりが起きている

自動車産業は、20世紀の世界の経済成長を下支えをした基幹産業になります。

当然、私たちの生活も、自動車の登場によって大きく変わりました。

そして、完成車メーカーだけでなく部品メーカー、そして中古車業界に至るまで、経済への波及効果は非常に大きくなっています。

但し、21世紀に入ると、自動車は地球の環境を破壊し、資源を食べ尽くそうとする、悪役に例えられることもしばしば見られるようになりました。

そこで、自動車産業ではその課題答えるべく、ハイブリッド車や燃料電池車など環境に配慮したエコカーが、次々と市場に投入されだしました。

これは、自動車産業界においても新たなビジネスチャンスと生まれ変わろうとしています。

これは、時代を敏感に掴み取る中古車市場おいても、同様にエコカーへの移り変わりが起きています。

従って、車買取時の査定価格でもそのような流れを背景に、人気の高いエコカーなどに高値が付けられるような傾向が強くなってきています。

同様に、燃費効率の高い軽自動車などの人気も凄まじく、積極的に車買取がなされています。

特にここ数年の軽自動車の売れ行きは凄いものがあり、2014年には初めて新車販売台数に対する軽自動車の割合が4割を超えるという状況になっています。

また、日本特有の問題としては、少子高齢化社会の到来により、若者の車離れや、内需の縮小を余儀なくされていると言われます。

日本国内では、軽自動車以外の新車の販売台数で右肩下がりが続き、高級志向からコストパフォーマンスの高い車へと、考え方も変わりつつあります。

新車から中古車へとシフトする中で、中古車市場では業者間オークション網が、全国で確立されるようになりました。

数年前までは中古車販売店の店頭に並ぶ中古車の7割近くがオートオークション経由のものであると言われ、今ではこのオークションが中古車流通相場を形成する場となっています。

そして、中古車の買取業者は、買取った車を長く保有することも無く、直ぐにオークションに出店が可能となることで、不要な在庫を持つこともなくなりました。

こうして自動車産業を取り巻く環境の変化と、中古車市場におけるオークション網の確立により、車買取の業態も変化をして来ました。

車買取の専門業者が急速に増加する一方で、市場の動向を注意深く捉えながら、ニーズに合った車の買取が求められるようになっています。

売れ筋や人気の自動車については、買取競争も激化をしており、車種を限定した高価買取の広告も良く見られるようになりました。


このページの先頭へ