"> 車買取専門店の販売戦略

車買取専門店の競争がますます激化

順調に成長を遂げてきた車買取専門店ですが、近年では各自動車メーカーや中古車販売店が車買取事業に参入をしてきたことで、競争が益々と激化するようになりました。

競争が激しくなれば、高値買取の競い合いとなりますが、自動車は新車も中古車もある程度の相場が決まっている以上、高値買取にも限界があります。

そこで、車買取専門店では新たな収益の確保として、買取車両の販売ビジネスをスタートさせる企業が増えてきました。

これは中古車を査定買取りしても従来のように買取車をオークションに出品をするのではなく、自社でそのまま小売をするものです。

オークションを通さないことで、オークション会場までの輸送コストや出品料などを節約出来ることになるからです。

こうした中間コストを省くことで、高価買取を実現したり、低価販売に繋げることが出来ます。

このような新しいビジネススタイルは「中抜き商法」などと呼ばれているそうですが、確かにそのような眼で街を見てみると、店頭で中古車を直接販売している車買取店の姿を眼にするようになりました。

最近近所に開店したガリバーアウトレットなんか、まさに店頭で直売りを行うスタイルの店舗で、話を聞いてみると店頭で売りにくい車の場合はオークションも活用するが、メインはやはり店頭での直売だということでした。

但し、車買取専門店は買取った車を直ぐにオークションに出品をしていた経緯から、通常は余り大きな駐車スペースを所有していません。

むしろ、買取車をすぐにオークションに出して在庫を持たないこと、広い店舗スペースのコストがかからないことが、車買取店の強みであり高価買取が出来る理由の一つになっていました。

そのような車買取店ですから、方向転換をして店頭直売を行おうとしてもその展示スペースの確保がネックになってしまいます。

そこで、車買取専門店ではインターネット上に仮想店舗を設けて、買取と販売の両方を展開している企業も目立ちます。

このようにインターネットを巧みに利用することで、買取った車を実際に店舗の前に展示しておく必要も無く、売買することが可能となります。

そして、抱える車をいち早く販売する為に、プライスダウンオークションや時間限定値引きなどを実施して、消費者の購入意欲を掻き立てています。

車買取専門店としては、オークションに出品を行わない分、買取った車をどれだけ効率よく回転させられるかが、事業の収益に影響することになります。


このページの先頭へ