"> 車買取専門店の販売価格

業界では中抜き商法が増えている

近年、車買取事業における競合が激しくなることで、これまで車買取を専門に行ってきた企業では、販売ビジネスに取り組むところも増えています。

当然、オークションを通さないで販売をするのだから、出品に必要な諸経費を省ける分、価格競争力も生まれてきます。

但し、こうした中抜き商法は、従来の中古車販売店も始めており、楽観視をしてはおれません。

そこで、最近では更なるコストパフォーマンスを高める為に、無整備車の販売も増えています。

これは、買取った車を整備することなく、そのままの状態で販売をする手法を指します。

万が一、買取った車にキズや不具合点を見つけたとしても、車両状態表に明記を行うだけで修理等は行いません。

そして、車を購入する側はそれを承知の上で購入することになります。

あくまでも、修理をするかしないかは購入者に委ねることになります。

これまで、車買取からオークションに出品する課程では、商品価値を挙げる為に修理点検が行われていました。

修理が可能なキズや故障箇所は直した上で、オークションに出品を行うことで、商品価値を挙げる必要があるからです。

因みに、オークションに出品の際には、オイルなどの消耗品の点検と交換、車内の消臭にワックス掛けも通常は行われています。

更に、オークションを通して車を仕入れた中古車販売店においても、販売後のトラブルを防ぐ為に、必ず納車整備が行われています。

このように整備点検がダブルで付加されていますが、その整備点検費用が表面に現れることはありません。


このページの先頭へ