"> 車買取と品揃え

業者オークションが中古車の流通を活性化

1990年代の頃から、中古車市場における業者間オークションが発展をしてきたことで、中古車の流通がこれ程までに活性化したといえます。

しかし昨今では、車買取専門店は買取った車をオークションに出品することなく自社で販売を行い、また逆に中古車販売店では、これまでのように業者間オークションから車を仕入れるのではなく、自社でも車買取事業をスタートさせています。

このように車買取専門店と中古車販売店の両者とも、オークションを通さずに中抜きを行うことで、経費を節約して価格競争力をつけると共に、事業の収益性を上げようとしています。

但し、全ての車種を中抜きで事業を行うことは出来ません。

何故ならば、多様な消費者ニーズに答える為には、買取車両だけでは充分ではないからです。

従って、中古車販売業においては、消費者ニーズにマッチした商品を品揃えすることが重要となります。

その逆に、買取をした車の全てが、店頭の小売に適しているとは限らない為、随時オークションを利用することになります。

従って、店頭販売の車にはオークションから仕入れた車と、直接店頭で買取をした車の両方が並んでいることになります。

因みに、直接店頭で買取をした車は、「お買い得車」と表示をして、お客を惹きつける為に用いられたり致します。

また、車販売事業においては品揃えがポイントとなることから、複数の加盟店を持っている事業体であれば、全ての店舗の在庫情報を検索出来るシステムなどを導入して品揃えをアピールしています。


このページの先頭へ