"> 内装部の査定

最も念入りにチェックされるのがシート部分の汚れや損傷

車買取時の査定において、外装部分のチェックが終わると、次には内装部分の確認が行われます。

この内装部分の査定時において、最も念入りにチェックされるのが、シート部分の汚れや損傷になります。

シートには食べ物や飲み物をこぼした染みであったり、タバコの焦げ跡などがあります。

こうした、シート部分の汚れや損傷は、ダッシュボード部分の汚れや埃と異なり、簡単には清掃で落とせるものではありません。

それだけに、シートの汚れを気にするユーザーも多く、査定時には大きなマイナスポイントとなります。

特に、子どもを頻繁に乗せるようなファミリーカーは、シート部分の汚れが酷くなりがちであることから、チェックも入念になります。

そして、シートの汚れや損傷と同じく、査定に大きく影響するものに、車内の悪臭や不快な臭いがあります。

こうした車内の悪臭の要因となるのが、タバコとペット、そして業務用として使用をすることで付いてしまった、作業道具などの臭いがあります。

特に、嫌煙家が増えたことで、タバコの臭いを気にする人が増えています。

また、昨今では生活の伴侶として、ペットを飼う人が急増をしており、ペットを家族の一員として、車で一緒にお出掛けしているのを良く目に致します。

残念ながら、ペットによって付けられた臭いは、タバコの臭い以上に嫌う人も多く、厳しい査定が加えられてしまいます。

こうした車に染み付いた臭いは、ある程度までは脱臭が出来るかもしれませんが、臭いに敏感な人には耐えられないものといえます。


このページの先頭へ