"> 修復歴車の査定

業界では事故車と呼ばずに修復歴車と呼ぶ

事故車や修復歴車については、車体部に骨格等の関わる部位を交換若しくは修復を行ったものと定義されており、業界において明確な基準が定められています。

因みに、消費者心理への考慮から、業界では事故車と呼ばずに修復歴車と呼ぶようになっています。

こうした、修復歴車を見極めるには、車買取時におけるユーザーからの自己申告と、それを裏付ける検査でしかありません。

もしも、修復歴車を業者間オークションに流通されていれば、自動車公正取引協議会によって修復歴車表示が義務化されています。

よって、オークションに出品をする車買取業者は、修復歴車としての申告が必要となります。

しかし、オークション会場によっては、修復歴車の扱いに若干のバラツキがあるのも否めません。

従って、同じ修復歴車であっても、オークション会場によっては修復歴車の表示がなされていないケースも否定出来ません。

確かに、事故車や修復歴車について定義付けられてはいるものの、そこには判断の難しい状況も多いからです。

車買取事の査定基準には、財団法人日本自動車査定協会が定める査定基準もあれば、車買取専門業者が行う査定基準、オークション会場が導入している検査基準など様々な基準が存在することが、修復歴車への対応が異なる理由の1つといえます。

当然、修復歴車と表示されると、流通される車両価値が下がってしまい、取引額にも影響を及ぼします。

ゆえに、出来るだけ修復歴車の表示を免れたいと思う心理も働いてしまいます。


このページの先頭へ